日本の自然食品の草創期を開拓してきた人物として名高く、豊田市出身で成人式の際には代表にも選ばれるなど、若き頃より社会・環境への高い志を持ち、福祉専門の大学へ進学。その後、安全な「食生活」を具体的に提案するため、自然食品店・黒怒を開く。豊富な知識と経験を活かし、メーカーとの共同商品開発、メーカーへの各種提案、活動の支援も手がけている。以来、長年の活動が評価され、2000年には森林の資源や自然のエネルギーを利用する農林水産省「循環型森林活用構想」の検討委員にも選ばれている。また、2000年より、人間本来の暮らしの実現をめざし、愛知県東加茂郡足助町の山ノ中立地区で自然農法による実験農場を始める。
佐野正則
(株)黒怒 代表取締役社長
黒怒(こくど)…愛知県尾張旭市に所在する自然食品の卸売企業。1973年に自然食品専門小売店として開業したが、2年後に卸売りへ業態変更し現在に至る。<http://www11.ocn.ne.jp/~kkd/

おとうふ工房いしかわ<http://www.otoufu.co.jp/
石川 伸
株式会社 おとうふ工房いしかわ
代表取締役

蔵元 桝塚味噌<http://www.masuzuka.co.jp/
野田 清衛
合資会社 野田味噌商店
(蔵元 桝塚味噌)
“無限責任社員”

(株)宏昌食糧研究所<http://www.e-tukemono.com/
堀川敬生
(株)宏昌食糧研究所
代表取締役社

ミヤコ株式会社<http://www.e-miyako.net/
岩月 章全
ミヤコ株式会社 食品事業部
次長(営業担当)

太田屋…名古屋市南区の乾物問屋。全国から厳選した最高級のかつお節や昆布などを扱い、東海地区の食品メーカーや料理店に卸している。乾物に関する豊富な知識と商品の品質には定評があり、評判を聞いて食品のプロが相談に来たり、直接購入に訪れる一般の消費者も多い。
乾物店「太田屋」
主人・太田将仁氏

岐阜県岐阜市「後藤家」総料理長。東京の某大学薬学部を卒業後、薬剤師として活躍。その後、チェーン店の運営・接客技術を某外食店で学んだのち、家業である日本料理店「後藤家」を継ぎ、現在に至る。自ら包丁を執る「後藤家ねね」では、安全で元気な食材・調味料・水、そしてインテリアにもこだわり、トータル的に居心地のよい空間を創りだしている。
後藤宏之
「後藤家」総料理長

1963年生 名古屋市出身 中華そば専門店なかの店主
高校卒業後、中華料理店で修行。名古屋市今池にて一号店をオープン。あじ節・さば節を使った和風ラーメンを手掛けていたが、かつお節だけを使ってラーメンを作りたいと思い立ち、1998年新しいコンセプトで現在の店を名古屋市中区にオープン。
中華そば専門店なかの店主
中野正
   

名古屋市栄にある沖縄物産ショップの店長さんです。沖縄料理店も併設されていて、沖縄の味を名古屋の人たちに紹介しています。
沖縄県物産ショップ
「名古屋わした」
問田成子店長


Copyright(C)NITTO JOZO.Inc.All RightsReserved